TOP >> ;フレッツ光コラボ

フレッツ光コラボ

通信関係の仕事をしていると、東西NTTとのやりとりは定番です。

NTT関係の顧客案件の手続きは116ではなく、NTTのビジネスコンタクトセンターとやり取りをします。

どちらかというと業者向けの窓口ですが、とてもよく対応してもらえます。こちらも要領はわかっているので、お互いに「話が早い」からだとは思いますが。

私は、回線とプロバイダーはなるべく別々に契約するように提案します。

インターネット接続には回線サービスとプロバイダーサービスが必要ですが、これをセットで提供するサービスがあります。

代表的なものは USEN がそうです。最近では Nuro もそうです。

NTTのフレッツ光は、回線とプロバイダーが別々のサービスが基本です。これは東西NTTがサービスを独占しないように、NTTは回線だけ提供可能として、回線とは別にプロバイダーを選択できるようにしたためでしょう。

ここ数年、フレッツ光コラボレーションいう制度が広がっています。

これは、プロバイダー事業者などNTT本体以外がプロバイダーサービスと回線(フレッツ光)をセットで提供するフレッツの販売形態です。

回線はNTTが独占状態だったので、それを解消するためにできたのだと思います。ひかり電話も対象となります。契約、サポート、料金回収など一切をプロバイダー事業者が行います。

ドコモ光、AU光、プラチナ光、i Smartひかり、などなど、それぞれ名前を付けて販売していますが、みなフレッツ光コラボです。

このフレッツ光コラボですが、結構問題があると思います。私が何社か対応してにて共通的に感じたことは以下です。

  • 料金が安いという触れ込みですが、当社が切り替えた時は1割安くなるかどうか(嘘ではないが)
  • 回線とセットなので、プロバイダーの変更ができない(普通の人は関係ないかな?)
  • サポート担当がサービスに熟知していない。
  • NTT契約からコラボに切り替えた後は、NTT直契約に戻せない→大変問題だと思う!
    (コラボ切り替え時にそういうことを言わないのが問題、対応が悪いのが分かっているので、まるでNTTに契約を戻されるのを阻止しているような感じです、個人の勝手な想定です。)

などなど。

今日もNTTのビジネスコンタクトセンターさんと大変気持ちよくお仕事ができたので、かえって印象が強いコラボを思い出しました。

では。

関連記事

トラックバックURL

http://blog.cnet-media.co.jp/column/20190813/trackback
コメントはまだありません

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

カテゴリー

過去ログ

サイト内検索


RSS FEED

正当なCSSです! 正当なCSSです!

« 8月 2019 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30