TOP >> ;カーシェリングを利用してみました

カーシェリングを利用してみました

先日、初めてカーシェアリングを利用しました。
当社はIT関連企業ですが、サーバーの運搬などで割と自動車は利用します。従来のレンタカーは最低利用時間が6時間ですから、ちょっとの用事には自家用車を使っていましたが、都内だと駐車場の問題や行き帰りに高速などを使うと、結局1日5千円程度はかかってしまうものです。

先週、大型のワークステーションを購入したので、その運搬にカーシェアリングを利用しました。理由は、作業の都合でどうしても販売会社指定の納入日よりも1日前に必要だったことと、送料が3千円かかることでした(納期が早まるなら3千円は価値ありますが)。

カーシェアリングの定義は法的に何かあるのかよくわかりませんが、つまりは短時間で利用可能なレンタカーでした。ナンバーもレンタカーと同じ「わ」ナンバーです。従来のレンタカーとの大きな違いは以下だと思いました。

■従来のレンタカー
最低利用時間 6時間 から1時間単位
最低利用料金 4千円台~
ガソリン代 別途
ステーションは有人

■カーシェアリング
最低利用時間 15分
最低利用料金 206円~
ガソリン代 料金に含まれる
ステーションは無人

当日の朝まで自家用車を使うつもりでいましたが、ふとカーシェアリングの利用を思いつき、朝起きて料金を確認しました。カーシェアリングは事前の会員登録が必要ですが、何か使うことがあるかもしれないと法人会員登録は済ませていました。今回の移動エリアは渋谷と神田の往復なので、利用時間を1時間半と見積り余裕を見て3時間の予約です。
ネットで料金を見積もると保険を含めても2,472円です。これで済むなら行き帰りの交通費や駐車場の心配を考えたら安いと思い、早速ネットで会社の近所のステーションの自動車を予約しました。

予約の確認メールで車種やガソリンの残り状況、そしてナンバーまでわかります。余談ですが、警備が厳しいデータセンターなどの搬入では車のナンバーを事前に登録しなければならないことがありますが、レンタカーだと当日でないとわからないことがありますので、事前にナンバーがわかることは助かることもあります。

さて、予約時刻になり、徒歩で近所のステーションまで出かけ、実際に自動車を利用してみました。ほぼ予定通り荷物の積み下ろしを含め1時間半程度の利用で返却となりましたが、支払った料金は保険、ガソリン代込みでなんと1、648円でした。支払いは口座振替です。

予約は3時間でしたが、15分単位で実際に利用した時間だけの清算となるので、1時間半の料金で済みました。昨年、大型の荷物を運ぶために2時間の利用のためにレンタカーを借りたことがありましたが、その時は最低利用6時間の料金を支払ったことを考えると、これはとても嬉しいサービスです。

荷物の送料が3千円なので、その点でも半分で済みました。もちろん自分の人件費は含みませんので単純に比較はできませんが、外に出ていくお金という意味では大変お得です。また、嬉しい誤算として、今回商品の箱や梱包材はショップで廃棄してもらうことにしましたから、それらを処分する手間が省けました。大きな段ボール箱や大量の梱包材は始末に結構時間がとられるものなので、その手間を考えると十分メリットがありました。

レンタルサーバーのサービスでは、クラウド化によりCPUやネットワークを使った分だけ料金を支払う料金形態が登場していますが、カーシェアリングはまるでレンタカーのクラウド化のようなサービスでした。

カーシェアリングはちょっとした荷物の運搬には大変重宝するサービスだと思います。存在するほとんどのサービスは会員登録が必要だと思いますので、利用する機会がありそうな法人は事前に会員登録をおすすめします。

※本記事はメールマガジン『インスクエア ビジネスニュース』に寄稿しました。

関連記事

トラックバックURL

http://blog.cnet-media.co.jp/melmaga/20150428/trackback
コメントはまだありません

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

カテゴリー

過去ログ

サイト内検索


RSS FEED

正当なCSSです! 正当なCSSです!

« 3月 2018 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31